So-net無料ブログ作成

The Strokes - Room On Fire [Artist S-U]

オルタナティブといわれていた音楽がメインストリーム化し、あらゆるスタイルが追求され、新しさやオリジナリティで勝負するのが難しい時代になっています。革新性が、アーティスト側に生み出す力として必要なのはもちろん、社会の受けて側にもそれを渇望する背景が必要になりますが、今はどちらも希薄になっている気がします。だからといって皆が満足してるわけでは決してなく、何ともしがたい袋小路感が漂っている。そういうイライラした切迫感だけをすくい取って発信しているバンド、それがStrokes。
突発的な感情、それも刹那的で痛々しい生の感覚をできる限りそのまま音にしている。多くの曲が2分そこそこだったり、突然ぶつりと途切れるように終わるのも、それ以上の時間の持続をほとんど意識していない、必要としていないから。

ところで、来年早々発売の新作からのシングル、Juiceboxのプロモーションビデオが凄い。
一般のテレビネットワークでそのまま放送されることはありえないと思いますが、ネットでは大いに盛り上がるでしょう。現代の一面をそのままえぐり取る、とはこういうこと。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0