So-net無料ブログ作成

Donny Hathaway - Live [Artist G-I]

いろいろな目的でライブアルバムが作られます。ライブアクトが素晴らしいのでその記録のため。特別のイベントを記録するため。観客含めた熱狂を封じ込めるため。あるいはライブそのものを一つの作品とするため、などなど。本作はどうでしょうか。おそらく先にあげた理由の全てが当てはまり、その結果として超一級の芸術品が出来上がりました。Donny Hathawayのあまりに短い音楽人生、その天才の全てがここに凝縮されていると言っていいのではないでしょうか。

どうもソウル系で取り上げるアルバムが、巨大すぎるものばかりで、いつも力んでしまうのですが、実際のアルバムは、別に正座して聞かなくてもよい、むしろリラックした雰囲気に満ちています。このあたりの、とても熱いのだけれどもサラサラしている感覚は、Donny独特の持ち味です。サラサラといっても、The Ghettoで聞ける会場と一体化したグルーブはまさに床を吹っ飛ばすほどですし、You've Got A Friendは、もう宗教的といっていいほど異様な感極まり方をします。またWhat's Goin' Onの、甘美でありながら抑制の効いた演奏は、この曲の究極の理想形とも言える出来で、決して内容が淡々としているわけではありません。

このアルバムがすごいのは、そんな個々のすごさを演じながらも、全てを統制の取れた音楽の枠組みの中に整理できてしまう、Donnyの音楽的力量です。メンバー紹介するセリフまでが歌になり、男声観客コーラスと女声観客コーラス隊を指揮するThe Ghettoの後半パートなどは、そのやりとり自体が、繰り返し練習された舞台劇を見ているほど、見事に音楽しています。このように、届く限りの隅々にまで目を(耳を)行き届かせていることが、このアルバムを歴史的大作でありながら、とても聞きやすくしている要因なのだと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0