So-net無料ブログ作成

Zebrahead - MFZB [Artist V-Z]

いきつけの美容室の店長さんが薦めてくれたバンドです。もともとJ-Popが有線で流れる雰囲気のお店なのですが、意外に店長は元気がでるラップやガレージ・ロックが好きとのこと。確かにZebraheadは元気が無限にあるという感じで、パンクとラップとポップを全部足し、それを高速回転で乱射したぐらいがちょうど自分たちのテンションに見合う、と思っているかのよう。パワーや勢いを聞き手に伝播させるのは、この手のバンドがもっとも得意とするところ。バンド名がバンド名ですから、こんな音楽に乗せて髪の毛を任せたら、縞々の過激ヘアスタイルにされるか、頭が血だらけになってしまうかしそうですが、幸い今まで怪我をしたことはありません。

それというのもZebraheadがとても明るいバンドだからです。激しくてうるさい音で、それこそParental Advisoryステッカーがついてしまいますが、その音はほとんど無害といっていいほど安心して聞けます。つんのめってでも突っ走るようなノリを追求する彼らに「陰り」というものはなく、真夏のビーチバレーをマジでやっているような明るい響きに満ちています。

Zebrahead好きの店長の影響は、お店のいたるところに現れています。類は友を呼ぶのか、ボディービルダーのようなサーファーの人、実家が牧場やっている人、古代遺跡めぐりが趣味の人など、個性的な美容師さんばかりなのですが、みな底抜けに明るい。カットは、思い通りに仕上げてくれるとともに、ちょっとしたアクセントをつけてくれて、それがなんだか元気が出るようなスタイリングなのです。無頓着に予約を入れるためか、待たされる人が多いのですが、それをおおわらわで一生懸命さばいている姿が憎めないところがあって、つい文句を言うにも忘れてしまう。競争の激しい近所で、確実にお客さんをつかんでいます。

苦労や、いやな面を全く見せずに、しかもそれをわざとらしくつくろうことなく出せるのが、サービス業のプロ。店長は、Zebraheadをたまたまレコード店の視聴で気に入って買っただけ、といっていましたが、店長とZebraheadに共通するのは、その天然の能天気さ。特に意識せずにこんなバンドをポンと選んでしまえる天性。Playmate Of The Yearなどという「ヤバイ」タイトルの作品を出しても、健全優良児でいられる天性。こういうポップな楽観主義のことを、「Poptimistic」と呼ぶことにしたい!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

元気が出るスタイリング!っていいですね~
Zebraheadのその曲、音楽チャンネルで良く流れていましたね。ほんとまさにPoptimisticなバンドですね。
by (2006-01-17 23:28) 

ezsin

たぶんそういうスタイリングをZebraheadというんでしょう、そのお店では・・
by ezsin (2006-01-18 01:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0