So-net無料ブログ作成

Trashcan Sinatras - Weightlifting [Artist S-U]

初期の頃はTrash Can..と表記していました。またの表現を「トラキャン」。この言葉は魔法の呪文のように一部の人たちの間で取り交わされます。「トラキャンって知ってる?」「ええええ!まじ知っている。仲間じゃん!」と、それだけで即友人、ほぼ100%意思を通じ合うことができるという。

トラキャンとはさわやかギターポップロックの最高峰。スイスアルプスの高原の、最高に清らかで美しい場所を想像してもらって、それをギターバンドで再現しようとしたときに、最も近い音を出すことができるのが、この人たちです。最近ではDeath Cab For Cutieがもっとも近い親戚といえますが、彼らのヘンな名前は間違いなくトラキャンの影響下にあります。

実はあまりに清らか過ぎて、目立たず騒がれずという損なバンドだったりします。ロックやポップスといった大衆音楽は妙なところがあって、ちょっと変だったり、すごく変だったり、ゆがんだりしている方が大ブレイクします。そのゆがみが創造のエネルギーのもとであったり、大衆の欲求の片鱗であったりすることがその大きな理由ですが、これが癖のない、まっとうなアーティストでは、この「引っ掛かり」がなくなってしまうのです。

それでもその純粋さは、一部の人たちの心を捉えて離さない。いや、むしろ熱狂的な信者を生むといったほうがいいような。美しいものを愛でる。実は誤解を恐れずに言うと、こういうサウンドを「美少年サウンド」と言ってしまいたい。別にバンドメンバーがイケ面だからということではなく、彼らの作り出す音の美しさが、ちょっと現実離れしていて、夢の世界の願望めいた妖しさを伴うところから。完璧な美少年は架空の世界にしか存在せず、まただからこそはかない。Trashcan Sinatrasの作り出す、目くるめくきれいな音には、このはかなさも同じくらい含まれています。

かなり長いキャリアの中の本作は2004年の作品。新緑の葉の上の、透明な一滴のような純な作品。いずれは、葉の端からスルッと落ちてなくなってしまう一瞬の輝き。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 4

名前は聞いたことあります~HPでPVを1つ観ました。いいですね。また今度ゆっくり見たいと思ってます。Death Cab For Cutieも最近興味を持っているので~。ところで、たくさんのお返事ありがとうございました。大変だったと思います。うれしくもあり、申し訳なくもあり。
ヨーグルト、私は朝だけですが何年か前から、ほぼ毎日食べてます。あとは黒豆ココアです。
ezsinさんの一番の理想とする記事、すでに初めから毎日書いていらっしゃると読者の私は思います。
by (2006-02-07 23:32) 

ezsin

ええっ!身に余るお褒めの言葉ありがとうございます。
おまけにヨーグルトまで一緒とは・・
ところで黒豆ココアってどんな味がするんでしょう?
by ezsin (2006-02-08 01:16) 

エンソ

トラキャン知ってる!で、もう友人間違いありません。
昨年の来日、クワトロのでのライブでは涙が止まりませんでした。
そして今年は苗場にやってくるとは。
苗場の緑の中で聴くトラキャン。キラキラしてきました~。
by エンソ (2006-05-07 22:35) 

ezsin

はい、エンソさん、友人間違いありません。ライブで涙するのも同じです。美しいものに触れると涙腺緩みます。苗場ですか。確かに田園だなあ~。トラキャンだなあ~。想像するだけで泣けてきます・・
by ezsin (2006-05-08 01:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0