So-net無料ブログ作成

Deep Dish - George Is On [Artist D-F]

ギターロックのおいしさを、うまくハウスにブレンドした気持ちいい一枚。
ロック+エレクトロビーツというとまずChemical Brothersを思い浮かべますが、彼らがロックのダイナミズムを取り込んでいるのに対して、Deep Dishはギターリフのキャッチーさ、いわゆる「つかみ」を得意とします。ハウスのどちらかというと単調になりがちなビートを、切れのいいリフで引き締めています。

Flashdanceは、妙な東洋人が出てくるサスペンス仕立てのPVともどもヒット。場末の擦れたボーカルとの対比が面白い。Say Helloは必殺の泣きコーラスをピアノとギターの甘めのリフに乗せて延々と繰り返すのですが、これが中毒になるくらいツボにはまります。いずれの曲も、リミックスでいろんな加工ができるように、あえてラフなままで仕上げてあるところが、憎いですね。いきなり(?)Stevie Nicksをフィーチャーしてしまいながら、品のよいポップスに仕上げる(Dreams)など、プロデュースも冴えています。

何と言われようとクラブでガンガン盛り上がれば勝ち、に徹しているところに、ハウスミュージックのプロの意気を感じます。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

チョコレートを美容パックに!HP見ました。以前私もニュース番組で見ましたが、貧乏性なので、もったいないと思ってしまいました~いい香りだろうなぁ。
ところでこの記事を読んで何気なく下を見たら(!)どうも「ギターロック」で関連記事として私のが引っ掛ったみたいですね。びっくり。
「Deep Dish」HPで試聴とPV2本観ました。キタなと思いました。かっこいい!!おまけにStevie Nicks!視聴がしっかりできるHP、太っ腹ですね。ジャージの漢字が気になります。
by (2006-02-09 21:00) 

ezsin

「東部」って意味深。
どこかの高校のジャージーをパクッたのかも・・
リンクはホントですね。
プラスマイナスって聞いてみたいバンドです。
by ezsin (2006-02-10 01:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0