So-net無料ブログ作成
検索選択

Pink - Missundaztood [Artist P-R]


ポップアイドルアルバムはこうでないといけません。
わかりやすい。メリハリが利いている。簡潔。その上、小生意気。おじさんをなめている。世の中をなめている。この向こう見ずなエネルギーが不可欠です。次作ではParental Advisoryステッカーを貼られてしまって、ちょっと行き過ぎ、という感じでしたが、それくらいの方がいい。どうせまじめな良識者は眉をひそめるのですから、思うとおりにやった方が勝ちです。

愛されるアイドルとして取り繕い、うまく波に乗る方法もあります。それが本来のプロの姿ですし、それはそれで苦労も多いでしょう。でもそういうのより、ロシアの女の子二人組みのように、目も当てられないような失態を演じてバッシングされる方が、何かホッとします。女の子はそんな単純ではありません。そんな簡単に世の中に取り込まれてしまってはいけないのです。

Pinkも結構しっかりしたソウル・スピリットを持っているので、アイドルに徹しきれないところがあります。一度聞いたら忘れないエッジの効いたポップチューンがふんだんの、申し分のないポップアルバムなのですが、思いっきりR&Bナンバーを熱唱してAerosmithのSteven Tylerを打ち負かしてしまうなど、アイドルの常道を逸している。でもそういうところにこそ拍手したい。その収まりきれない一生懸命さが、お利口さんにはない輝きをもたらしているのだから。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

こういうイメージの配置の仕方がデザイン的にお洒落でとってもいいなぁと以前から思っていました。
Pinkは、ルックスも声も曲も好きです~
by (2006-02-14 19:01) 

ezsin

気が向いたとき、時間があるときになってしまいますけど、アートワークも付けないと、と思ってます。やっぱり字ばっかりだと地味ですものね。
by ezsin (2006-02-17 01:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。