So-net無料ブログ作成

Train - For Me, It's You [Artist S-U]

彼らの名前に引っ掛ければ、今まで総武線快速だったのが、成田エクスプレスに乗り換えたような。今までもダイエットコーラ並みに、アメリカになくてはならない音を聞かせていましたが、本作では、これまでの「ローカルな」カントリーフレーバーや、牧歌的なところが抜けて、マルチナショナルな色合いが強くなりました。とはいっても決して「ノンアメリカン」ではなく、むしろNikeやGAPのようにアメリカらしさを洗練させつつ強調させた、という感じ。

オーケストラが響き渡る中で、朗々と歌われるオープニングのAll I Ever Wanted。明るいギターとキーボードが左右のチャンネルに分かれて音頭を取る中で、威勢のいいコーラスが繰り返されるGet Out。ELton JohnやBilly Joelを髣髴とさせるピアノがリードし、大きなスケールで盛り上がっていくCab。ちょっとやりすぎではないか、と思うくらい、明快なメロディー、明るいサウンドプロデュース、そして全編を貫く疑うことのないポジティブな姿勢。

全てがシングルA面的な元気にあふれているので、聞いていると正直だんだん疲れてきます。いったいこのエネルギーはどこから出てくるの?と思いますが、これでいいのです。何しろ、ものすごい量の食事を取って、何時間もジムで汗を流してカロリーを落とす人たちです、アメリカ人というのは。しかもその勢いで世界が回ろうとしているのですから。これくらいは平気で消化できないと、これからは戦っていけません。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

HPで「Cab」を見て、リンク先でインタビューとアコースティックライブを視聴してみました。いいですね~
by (2006-02-22 21:25) 

ezsin

Cabってシンプルですが、じわじわ染み込んでくる感じですね。
by ezsin (2006-02-24 00:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0