So-net無料ブログ作成

Matisyahu - Youth [Artist M-O]

アメリカ生まれのユダヤ教徒、Matthew Millerを中心としたニューヨークのレゲエ・バンド。「ハシディズム」という宗派(?)なのだそうですが、Matthewの風貌を見ていただければ、すごく敬虔な信者であることがわかります。事実、若いときにイスラエルに行って啓示を受けたのだとか。スタイルはレゲエですが、もちろんラスタファリアニズムを歌うわけではない。Jerusalem、Shalomなどの曲名からも伺えるように、信仰のことだとか、他人を思いやることなどを歌っています。とはいえ、「エクソダス」という概念など、両者に共通するところは少なからずある。このスタイルは必然なのでしょう。

この音楽が、実にやさしく心地よい。独特の節回しとズンチャビートに、いろんな音色のギターやキーボードが絡まり、どこか哀愁を帯びたメロディがその上を流れていく。Matthewのすっきりと伸びる声は、時に熱くラップし、時に静かに歌いかける。ギター、ベース、ドラムの構成からなるバンドは、いまどき珍しい「ドラムソロ」をやってしまうほど、本気になって音作りをしている。全体的にアーシーなエネルギーを放ちながら、ほのかな切なさが漂う感じは、Arrested Developmentを彷彿とさせます。Bob Marleyにも通じるこの感覚は、純粋で一途な探究心を持つ人だけが産み出すことができるもの。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

視聴してみました!またまたすごいかっこいいですね!こちらのブログを読ませて頂いているおかげで、今まで知らなかったたくさんのアーティストの音に触れる事が出来てうれしいです。Matisyahu Video E-Card
ってすごいな~友達に送ろうかな。
ちなみにArrested Development(Speechのソロも)とても好きです。今までライブに行けそうな機会が何度かあったのに、結局逃したままなのですが。
by (2006-03-08 20:32) 

ezsin

私もこのアルバム聞いて始めて知ったのですが、一発ではまってしまいました。これはイチオシで応援したくなります。ありそんさんと同じで、Arrestedの穴を埋めてくれる期待を込めてしまいます。今年のフジロック、サマソニで盛り上がるのは確実!ということで、みんなでE-Cardを送りまくって、Matisyahu運動を起こしましょう。

<パート2>
限定でDubアルバムが付いているのですが、これが今となっては「なつかしい」感じさえする本盤(プラスアルファ)をいろんな風にいじったもので、レゲエでよく見かけるスタイル。そういえばLinton Kwesi Johnsonにどことなく似ているなあと思いました。
by ezsin (2006-03-09 00:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0