So-net無料ブログ作成
検索選択

Annie Lennox - Medusa [Artist J-L]

とてもコワイ作品です。タイトルのメデューサが、髪の毛が蛇で、見るものを石に変えてしまうギリシア神話の女性の名前から取られており、それがAnnie Lennoxの刺すような視線とオーバーラップすることもあるのですが、何よりもAnnieが放つ個性によるところが大きい。

全曲カバーで、もちろん蛇が出てくるような、おどろおどろしい雰囲気ではなく、彼女ならではの一流のアレンジによる力強いロック/ポップス。曲としての面白みや深さを基準に選曲がなされ、いちポップ・アーティストとして果敢に取り組むコンセプトになっていますが、本作の恐さは、そこから大きくはみ出してくるAnnieのどうにも抑えようのない「女」としての業です。

Its A Thin Line Between Love And Hate。明け方の5時に帰ってきた男を静かに迎え入れる女。彼女が徐々に凶暴化していくスリラーのような展開を、ダイナミックに表現している曲ですが、まさにAnnieが目の前で自分に向かって迫ってくる臨場感に、思わず息が止まってしまいます。「Hear what I say!」と叫ぶ彼女の声は、芸術表現と自己感情とがぴたりと重なった奇跡的な一瞬。ベースラインとオルガンの基本トーンと、ストリングスに乗せたハーモニカのアレンジは、ロック・ナンバーとしても、傑出した出来です。

Annie Lennoxは、常に真正面から迫ってきます。細かい息遣いまでが聞こえてくるボーカルテイクは、ありのままで勝負しようとする彼女の自信とともに、聞き手のあなたと真剣に向き合いたいという、切実な想いの現われです。まったく手を抜かない渾身の11曲を聴いていると、彼女と夜を明かしたかのような濃厚で強烈な存在感が頭の中を支配します。コワイ。彼女は平然としていますが、やはり聞き手のわれわれは、すっかり石に変えられてしまっているのです。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

CDは持ってませんけど、1曲目が好きです。
彼女といえば、コッポラ監督の「ドラキュラ」のテーマソング(?)を歌っていたと思いますが、その曲もとても好きです。映画と共に。
by (2006-03-13 20:03) 

ezsin

それは知りませんでした。どんな曲なんでしょうか?
興味ありますね。映画も見てないので、すいません・・
Lord Of The RingでInto The Westという曲を歌っているのは知っていました。とてもしっとりしたいい曲でした。
by ezsin (2006-03-13 22:22) 

HMVで「Dracula」のサントラの試聴ができます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=168734
タイトルを見ただけで、思い出されるかもしれませんね。
私もLord Of The Ringは全作観ましたよ~
by (2006-03-14 19:41) 

ezsin

聞きました。Annieらしい雰囲気のしっとりした曲ですね。
ありそんさんは、音楽も映画も本もずいぶんたくさん吸収されているんですね。
by ezsin (2006-03-15 10:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。