So-net無料ブログ作成

Chet Baker Quintet - Smokin' [Artist A-C]

まがい物を聞くくらいなら本物を。
キザでクールでどこか投げやり。うまく立ち回れずに彷徨を余儀なくされるが、端正ないでたちの傍らには常に女性の影。奏でる音楽は少しだけセンチメンタルだけど、乾いている。まるで小説か映画の中の役どころそのもの。そんな雰囲気で語ることに眉をひそめることもできますが、どうせ気取るならラウンジものに走らず、Chet Bakerでとことん決めてもらいたい(なんか調子がチョイ系のLEONみたいになってしまいました・・)。

バップの系統ながら、レイドバックしている。この作品を夜のバーで恋人と聞くもよし、高層マンションのテラスで星空を眺めながら聞くもよし、シチュエーションは自由ですし、使い方も自由。ユーミンの作品がそうであるように、本作も、雰囲気作りに使われるのは想定のうち。そんなことだけに終わらせない本気度が込められています。65年の「奇跡の3日間」と言われている録音記録の一部なのです。Chetの演奏はムラがありますが、本作では、比較的のびのびとしたフレージングを披露。チームとしてのまとまりもよく、出そうとしているサウンドを全員で共有できています。個性を強調するよりも、全体のパフォーマンスで曲のテーマを表現しようとしている。そのことが、それこそムーディーな印象を与えかねないのですが、決して饒舌にならず、タイトにストイックに締めことで品位を保っています。

Stan Getzほどスタイリッシュに割り切れない。商業的な面では水をあけられてしまいましたが、どこか不器用なChetのあり方には、共感するところが多い。「こんなのはちょろいもんさ(So Easy)」と突っ張る彼の気持ちがよくわかるのです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

またゆっくり検索してみたいと思いますが、すぐ見つかったHPで5曲目だけ試聴ができました。「Shipbuilding」も同じHPで試聴できたのでうれしかったです。しぶいですね~
by (2006-03-16 19:10) 

ezsin

確かにSmokin'はなかなか試聴できるところがないみたいですね。見つかってよかったです。Robert WyattのShipbuildingも聞いていただいたみたいで、うれしいです。考えてみればChetもRobertも「センチメンタル」という言葉がフィットしながら、音楽の本質は別のところにあるところが似ていますね。
by ezsin (2006-03-17 08:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0