So-net無料ブログ作成
検索選択

Mogwai - Mr. Beast [Artist M-O]

またZebrahead好きの店長のいる美容室での話。ここに若いアシスタントのお兄さんがいるのですが、ひょんなことで、知り合いがやっているというバンドの話になりました。タワーレコードお抱えのインディーバンド、LITEというそうなのですが、何でもインストロックバンドとのこと。もしかしてMogwaiみたいなの?と軽く聞いてみたら、そうそう、という返事。そこからしばらく轟音ライブの話などで盛り上がってしまいました。明るい美容室でブローをしてもらいながらMogwaiの話をする、というのは何ともシュールだなあと思った昼下がりでした。

ライブとは違って、アルバムではかなり繊細な音作りをするMogwaiの新作。珍しくSunday Morning風のメロウポップナンバーAcid Food(タイトルは全然やさしくないですが・・)があったりして、これだったら美容室でもいいかも、と思ってみたり。全体的には静かな中にも、どっしりとした肉感があって、力強い。一貫してメインストリームの流れに迎合せず、独自の道を歩んできた彼らも、気がつけばSigur Rosなどの仲間が増え、いまや一つの中心に位置しています。

ボーカルにこだわらない、というのは、サウンドそのものの中に埋没していくということ。詩を付け、歌う、という行為は、どうしてもコミュニケーションとして他者を前提としてしまう。Mogwaiはそういうこだわりを捨てることで自由度を手に入れた。自分達の音にじっと耳を傾け、ひたすら磨きあがていく道を選んだ。重く暗く垂れ込めるようなサウンドにもかかわらず、どこか先に光が差しているような一縷の希望を抱かせるのは、そこまで突き詰めて鳴らしている音だから。

突然日本語の朗読が流れるI Chose Horses。得てしてこういう曲は、ネイティブには聞きづらい場合が多いですが、バックのサウンドと日本語独特の抑揚の効いた発声が見事にマッチしていて、Mogwai史上でも傑出した「ボーカル」ナンバーになっています。ラストのWe're No Hereのべっとりとした重奏ギターのカーテンで幕が下りるまで、全編息をつかせぬ内容。やっぱりこれは美容室では聞けません。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

どちらもHPで試聴してみました。LITEの方は、ブログも少し読んでみたのですが、とても面白かったです。スピーカースタンドがジュリエットだなんて~
by (2006-03-28 21:43) 

ezsin

さっそくチェックしていただいたんですね。
ところでLITEのブログってどこですか?
(私が聞くのもとってもヘンですが・・)
by ezsin (2006-03-28 22:52) 

ブログというのは、このLITEのウェブサイトのhttp://lite-web.com/
ABOUT→member→takeda nobuyuki Rgt.→「武田の日記」の事でした。今日、ちらっと他のメンバーのブログも見てみました。
by (2006-03-29 22:32) 

ezsin

いや~さすがありそんさん。
よく見つけていただきました。
ジュリエットって何?と思ったら、そういうことだったのですね。しかしこんな別スレで盛り上がっていたら本人達に失礼ですよね。こんど行ったときに報告しときます。
by ezsin (2006-03-29 23:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。