So-net無料ブログ作成

Camiel - On A Day Like This [Artist A-C]


すぐ近くの公園の桜が満開です。空を見上げると、ブルーとピンクと枝のブラウンのコントラストが美しい。天然のカラーパレット。たまにはいいかも、と思ってベンチに腰掛けて、しばしボーっと。子供が砂場で遊んでいて、2つのブランコには、カップルが腰掛けて楽しそうに話している。うーん、こんな日には・・

というタイトルの思いっきり和みサウンド。Camielはオランダのアーティスト。ギターを弾いているそうですが、超軽量級のジャズハーモニーとソウルフル・グルーヴ。難しいことは一切なし。テンポ、アレンジ、ボーカル、全てに無理がなく、聞かせると聞かせないの境目あたりをいったりきたり。アルバム丸ごと、ここまでのバランスを取るのはかなり難しい。

1/fゆらぎ。規則と不規則のあいだの自然のリズム。じっと桜を見ていると、ピンクの分布は気持ちよく分散されているし、枝の動きも風にあわせて気まぐれ。桜を見たり、風を聞いたり、五感の使い方も気分しだい。聞くもよし、聞かないもよし。Camielのストリングスとボーカルの入り方、リズムトラックの音の選び方。意識していてもそのうち意識しなくなってしまう。本当にそよ風のようなサウンド。

昨日は気持ちいい一日でしたが、今日はだめでした。天気の気まぐれも、1/fに免じて大目に見ましょう。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

本作ではありませんが「Sunset」を試聴してみました。まったりして、ギターもいい感じですね。「Maybe」などがいいかなと思いました。今回のアートワークも綺麗ですね。
by (2006-04-03 20:08) 

ezsin

「まったり」。まさに探していたのはその言葉でした!
最近、語彙の貧弱さに頭悩ませているのでした・・
そのぶん、アートワークにがんばってみようかなあ。
お褒めに預かれてうれしいです。
by ezsin (2006-04-04 01:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0