So-net無料ブログ作成

Scritti Politti - Cupid & Psyche 85 [Artist S-U]

はじめて買ったCDはこれでした。ちょうどアナログからデジタルへの転換期。ノイズがない、劣化しない、「デジタル」という新鮮な響き。このアルバムをCDで聞きたいためにCDプレーヤーを買ったようなもの。先に出たLPは既に持っていたのですが、衝動は抑えられなかった。「宝石のような音」といえば、いまだにこれです。徹底的にクリアに、明るく、輝くように鳴り響くポップ・サウンド。多分に、はじめて手にしたきらきら光る不思議な円盤の印象も影響しているのでしょう。

それまで出ていた12インチ・シングルがとにかくすごかった。Absoluteの恐るべき美しさもさることながら、その幾通りものリミックスに圧倒された。今のようにリミクサーという他人が料理するのではなく、バンド自身の手で、オリジナルをバラバラに解体し、全く違ったように再構築する。それがどれもオリジナルと同等かそれ以上の感動を呼び起こすのです。

一曲を構成するパーツパーツのそれぞれが既に高純度のポップになっていて、再構築する時に、ちょっと違う側面にスポットライトを当てるだけで、別の輝きを放つ。例えばボーカルを抑えてキーボード・トラックを前面に出してみたり、ブリッジのメロディを長めに展開してみたり、トラック数を減らして背後にあったリフやサウンド・エフェクトを聞かせてみたり。多面的で重層的な構造の秘密をひとつひとつ解き明かしていく快感があり、出るたびに買いあさっていました。

このことはバンド自身よくわきまえていたようで、アルバムの発売当初から、Absolute、Wood Beez、Hypnotizeのリミックスが入っていた。ただ皮肉なことに、これらヒット曲の個性/美しさがあまりに際立っていて、「アルバム」というパッケージにまとめるのにやや無理が感じられた。即物的な12インチの快楽に浸っていたものにとっては、違う曲を順繰り聞いていく、という行為がなんとももどかしかった。

つまるところScritti Polittiとは、極上ポップの一点集中型天才職人。一つの曲に徹底的にアイデアを詰め込み、精魂込めて仕上げるやり方に真骨頂を発揮した。6ヶ月ぐらいに一曲を、様々なバリエーションを交えて12インチという形で発表するのがちょうどよい製作スタイルだったのです。

デジタルCDの76分という大容量。この空間を埋めていくという多作化の方法論に転換していかざるを得ない中で、残念ながらScritti Polittiの職人芸は徐々に失われていってしまった。後続の作品から、本作のような輝きは見られない。でもそんなことは気にしない。宝石は希少性が命。他に類を見ない奇跡のサウンドは、ここにそのまま封印されている。時空を超える普遍的な美しさは完全無欠(Absolute)なのですから。


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 6

強烈な懐かしさに襲われて、こちらに先にコメントしてしまいました。まさに泣き笑いしそうです。最初に買ったCDがこの作品とはおしゃれですね。彼らのジャケットのアートワーク、見たことなかったのですが、全部かっこいいですね。私は多分レンタルしてカセットにダビングして良く聴いていました。「Perfect Way」が一番好きで。昔こちらのFMの番組で、MIDI音楽を扱っているものがあって、オープニング曲になっていました。演歌とポップスのリミックスとかやっていてなかなか面白い番組でした。
by (2006-04-18 00:34) 

鯉三

Cupid & Psyche 85はテープに録ったものが今も家に残っています。それまでの機械的だったり、時にメルヘンチックだったりしたエレクトロニック・ポップとはちがう、確かにセンスを感じさせる音だったのが印象的です。「Perfect Way」のプロモもよく覚えています。
by 鯉三 (2006-04-18 02:08) 

ezsin

テープ、Perfect Way。思い出がオーバーラップするScritti Polittiのようですね。

ありそんさん:
MIDI音源で演歌とポップスのリミックスをやるFM番組!?想像を絶するすごい番組ですね。興味津々です。

鯉三さん:
当時のテープって「エアチェック」(!)した貴重なライブなど、それなりに貴重なものだったりしませんか?
by ezsin (2006-04-19 01:21) 

鯉三

「エアチェック」!懐か響きですね。
わたしの趣味とは違うのですが、ウエスト・コースト・ロックの三大雄(!)という触れ込みで、マイケル・マクドナルド、ジョー・ウォルッシュ、そしてボズ・スギャッグスのジョイント・ライブをFMから録音したのを覚えています。あとは、カルチャー・クラブ、デビッド・ボウイかな...年、ばれますね(笑)。
by 鯉三 (2006-04-20 01:23) 

ezsin

三大テノールならぬ三大W.C.Rockerですか。しかもなんともあやしい~人選と企画。いかにもFMっぽいですね。いったいどんな曲をやるのだろう、と心配になってしまいます。

だいじょうぶですよ。Boy Georgeを子守唄にしていたんでしょう?私も確かLet's Danceを胎内で聞いていた覚えがある・・
by ezsin (2006-04-20 22:30) 

鯉三

>だいじょうぶですよ。Boy Georgeを子守唄にしていたんでしょう?私も確かLet's Danceを胎内で聞いていた覚えがある・・

いやはや...(こんな言葉、書き言葉でしか使いませんが)
おそらく、そんな感じなんでしょうね(苦笑)。
by 鯉三 (2006-04-22 00:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0