So-net無料ブログ作成

Adam Freeland - Fabriclive 16 [Artist D-F]


大物DJを軒並みカバーする人気ミックス・シリーズの第16作。いきなりBlack Rebel Motorcycle Clubのワイルドなロックで幕を開ける意表をつく展開。特にEvil Nineを大々的にフィーチャーした前半部分が圧巻。まるでブルドーザーが地面を根こそぎならしていくかのような強引さがある。低い単音が鳴り響く中、Evil Nineの粘っこい重厚なラップが地響きを立てて突き進んでいく。単純だけど気持ちよい。

Adam Freelandが好む音作り。深くは考えずに、単純なリフと重量感溢れるエレクトロ・ビーツにダイナミズムを託す。ブレイク・ビーツは懲りすぎないのがコツ。インパクトのあるテーマと、サプライズに満ちた音のかたまり。耳と頭脳にびりびりとした快感を走らせることに集中している。後半のFreeland名義の曲も破壊的なパワーに満ちていて飽きさせない。

彼の原点にあるブギ的なノリへのこだわりは、T. RexのMarc Bolanを髣髴とさせる。別にジャンルはこだわらない。込み入ったことをやろうとも思わない。グラム・ロックの延長線上に自分の音のターゲットをおいている。ヘビーでマッチョで派手なサウンドはそのまま「Solid Gold Easy Beats」と呼びたいぐらい。2年ほど前のリリースですが、息が長い。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

試聴してみました。とってもかっこいいですね!
by (2006-04-29 23:07) 

ezsin

ですよね。こういうビリビリくる音って、とても気持ちいいです。
by ezsin (2006-04-30 00:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0