So-net無料ブログ作成
検索選択

Seu Jorge - The Life Aquatic Studio Sessions [Artist J-L]

映画The Life Aquaticのサントラ録音時のセッション。アクター、ミュージシャンと活躍ぶりが目立つ彼の、本作での目玉はやはりDavid Bowie集。ブラジリアン・ミュージック・シーンの旗手として期待を集める中で、彼なりの「スター分析」なのではないのかと思う。

明らかにスターの旬は過ぎてしまったBowieですが、劇場と音楽を一体化させ、ひとつの巨大なキャラクターを演じながら創作活動を行ったBowieに、Seuは少なからぬ興味と敬意を持っているはず。サンバの持つ陶酔性、自身の持つ恵まれた容姿に、現代の新しいアクティング・アーティストの可能性を見ているのかもしれない。

バンドを従えることなく、ギター一本でサンバとロックの源に迫っていく彼の演奏ぶりは、真剣そのもの。ここには熱いリズム・セクションも、陽気な掛け声もない。けれども、人が踊るときも泣くときも共通して持っているエモーショナルなきっかけがある。Seuの声と歌心は、聞き手のきっかけをしっかりとつかみ、大きな感動にまで育んでくれる。それがスターに求められることだとよくわかっている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。