So-net無料ブログ作成

Da Damn Phreak Noize Phunk - Take Off Da Hot Sweater [Artist D-F]

Oliver BondzioとRamon Zenkerのドイツ人ヒップホップ・ユニットHardfloorのサイド・プロジェクト。本業のほかにやりたいことをやる場合は、ゆるくて自由にできる。本作も肩の力を抜いたエレクトロ・ファンク&ブレイク・ビーツ。ユニット名から想像されるような激しいサウンドではなく、むしろアンビエント的。ドイツ人らしい、といったら安直か。ピアノやストリングスやサウンド・コラージュの使い方も控えめで、太いベースがゆっくりと地を這う曲構成は、どっしりした肉感がある。じわじわと効いてくるリズム感もピリッと締まっている。

無機質でクールな音作りではやはりドイツ系のアーティストが得意。先入観ではなく、そういうスキルに長けている。サッカーでもゲルマン魂を発揮するのは、本当に追い詰められてから。それまでは堅実で落ち着いたプレーを身上とするのが伝統。本作ではアルバム・タイトルに引っ掛けて衣類にちなむ曲名が並びますが、残念ながらサッカー・ユニフォームの曲はない。どんなに熱くなっても、試合中にTake Off Da Uniformは禁止されているからでしょうか。

さていよいよワールドカップ開幕。勝ち負けに一喜一憂とともに、素晴らしいプレーにはTake Off Da Hatで敬意を表したいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0