So-net無料ブログ作成

Camille - Le Fille [Artist A-C]

なるほど、フランス的にBjork展開をするとこうなるのか。声の多重録音によるキッチュ・ポップス。はだしで行うライブでは、いきなり相棒が背中をトントンたたき、妙なビブラートを効かせた発声のパフォーマンスを見せたりと、遊び心に溢れている。ただメロディとコーラスはストレートで、根の素直さをうかがわせる。

別に奇をてらって気を引こうとしているわけではない。アーティストしてのこだわりや葛藤が、一見不思議なスタイルに自分を追いやるのだろう。感性が突き抜けるときの、周りとの距離。それを十分にわかった上で、あえて新しいコミュニケーション、新しい聞き手との関係を模索する。創造性と向き合うまじめさは、音からも十分に伝わってくる。だから聞き手はふっと振り返り、微笑んでくれるのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0