So-net無料ブログ作成
検索選択

The Kinks - Lola Vs. The Powerman And The Money-Go-Round [Artist J-L]

Kinksをひいきにしていて得すること:
その一。Beatles、Stones、Whoの三大ロックバンドの中で、誰が一番偉大かという不毛な議論に巻き込まれないですむ(今はもうしないか、そんなこと・・)。
その二。You Really Got MeがVan Halenの曲だと思っているヤツを馬鹿にすることができる(Van Halenすら知らない人が多いかも・・)。
その三。一番好きなポップソングは、と聞かれたとき「Waterloo Sunset」と言っても、誰ともかぶさることがない(いいことなのか、これって?)。
その四。いったんその魅力にはまると、潤沢なレパートリーゆえに、一生楽しみに不自由しない(これほんと)。

ふざけている場合ではありませんが、長ったらしいタイトルが多い、茶目っ気たっぷりのこの時期のKinksアルバムを取り上げる場合は、これくらいしたくなる。とにかく「Kink=変なヤツ」、とデビューから名乗っている人たちなのですから。

Apeman、Powermanの「○○人」シリーズは、コンパクトでエッジーでスパイシー。Top Of The PopsやMoney Go Roundの皮肉は毒々しいし、Lolaは永遠に楽しい。こんないいアルバムを忘れ去ろうとしている世の中なんて、笑い飛ばしてやろうじゃないの。いや、別に相手しなくたっていいじゃないの、今までだってそうだったんだから。そうやってひねくれるのがKinks流で、悪いところでもある。

三大ロックバンドというと入らないけれども、ロック四天王といったら入る(?)、それくらいかつては認識のあったKinksですが、年々、存在感が消えていっている気がします。思うに、歴史は時代がたつにつれて、簡単に総括されていく傾向がありますが、そんな中で、四捨五入されて切り捨てられてしまっているのではないでしょうか。モッズといえばWho、世界を変えたといえばBeatles、ヤクザな連中はStones、ブリティッシュ・インベージョンは、3つまでは覚えられるけれど、4つとなるとちょっと、というように。

そのことを嘆くつもりで書いているのではありません。初期作品のソリッド・テイスト、Something Elseのアフタヌーンティー的牧歌性、本作を含めた中後期の百花繚乱の世界。まちがいなくその音楽は今に受け継がれていますし、いつ何時どんな形でひょっこり取り上げられることがあっても、恥ずかしくない普遍性を持っている。いつの日か発見されるかもしれない海底に眠る宝箱のような作品群。そのことをすでに知ってしまっているファンたちのひそかな喜び。そう、こんな楽しみ方をするやつこそ「Kink」なのです。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 4

鯉三

Kinksは我がStonesと同期であるので、気にはなりながらも結局今まで全然聴いたことがありません。もちろん、You Really Go Meは聴きましたが、これもVan HalenからオリジナルのKinksにたどり着いたのですから、何も語れません。アルゼンチン、ブラジル敗退、残念!!もう寝ます。
by 鯉三 (2006-07-02 07:11) 

ezsin

W杯が終わって、ヨーロッパ選手権になってしまいましたね。
いつもそうですが、準決ぐらいまでくると盛り上がりより、終息に向かう寂しさが漂い始めます。しかし今日のセレソンは、パッとしませんでした。あれで終わりじゃあ、あまりに哀しい・・
by ezsin (2006-07-02 22:35) 

学生時代に友達がファーストを貸してくれて、かっこよさを知りました。
得することのその二、先月もそんな機会がありました、、、。いまだに。
by (2006-07-17 01:23) 

ezsin

ファーストはウィットと、ひねくれと、一直線なハートがキラキラしていてまぶしいアルバム。ありそんさんも知っていてくれてうれしいですね!
この前、JoolsにRay Davisが出ていましたが、すっかりおっさんになっていながら、相変わらず斜に構えた態度は最高でした。「英国はKinksとともに没落したのだ」だって。
by ezsin (2006-07-17 02:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。