So-net無料ブログ作成

Afterlife - The Afterlife Lounge [Artist A-C]


夏といえばロックファンは郊外のフェスティバルに出かけていきますが、クラバーはイビザ島でサンセットをクールに見つめたあと、クラブでホットに夜を過ごす。そんな金持ちのクラバーがどれだけいるのかわかりませんが、ほとんどの人たちはコンピレーション・アルバムをかけながら、カクテルドリンクの缶を開けて、自分の部屋で思いっきり空想力をはたらかせるのが精一杯。かっこつけなくてもいい。夏はムシムシ、ジトジトがあたりまえ。昼間の不快感があるから、夜の清涼感がたまらない。誰の夜だって気持ちよく過ごせるはず。

ところが数多のチルアウト作品が、イビザの傘を利用した安直なものになっている。波の音、スムースなストリングス、甘いボーカル。雰囲気をそのまま再現するだけの表層的な作品は、狭い四畳半で流すと一気に陳腐化する。悪かったね、San Antonioのビーチに行けなくて、と悪態のひとつもつきたくなる。

イビザ系アーティストAfterlifeことSteve Millerの、タイトルもそのもののLoungeは、そんな作品群とは一線を画す。まさに四畳半、扇風機、うちわ系夏の夜にぴったりの極上サウンド。極上とは、リゾートの安直なイメージに頼ることなく、また「夜を彼女といい雰囲気で過ごすため」的な「手段型」に陥ることなく、しっかりと自己主張するサウンドだということ。ラテン、アジアン、イスラミック。エキゾチックなテイストを随所に散りばめながら、快適なグルーヴが流れていく。熱いリズムも決してヒートアップせず、落ち着いた視点で制御されている。汗がスーッと引いていき、過熱気味の脳みそから涼感が全身へと伝っていく。ごまかしがない。純粋に音楽的な快楽をレイドバックしながら追求するその姿勢は、どんな過酷な環境下にいるものをも、くつろがせてしまう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0