So-net無料ブログ作成
検索選択

Moodorama - Listen [Artist M-O]

国内出張の続きで上海に三泊四日、そのままイギリスのマンチェスター郊外に四泊五日。週末返上のタイトなスケジュールで動きつつ、しっかりとW杯を最後まで見ているので、ブログを書くのも大変。新幹線や飛行機を狙いつつ、寝たほうがいいのか悩みながら急いで書くことになります。こういうときは、未聴のアルバムをまとめてiPodに入れておき、聞きながらレビューするのですが、体調に合わせたサウンドにどうしてもなりがち。今回もMoodoramaが欠かせない。

HIAの流れなのですが、より生音に近く、一種の室内管弦楽。ボーカル・サンプリングやストリングスもまぶせたダウンテンポで多国籍=無国籍な浮遊感は、どんな場面でも神経をいたわってくれる。どうしても休みたければ、プレーヤーとコンピュータの電源を切って目をつむったほうがいいのですが、眠りたくないときがある。神経も体も張っているけれども、それでもある種の刺激がほしい。そんなときにMoodoramaぐらいの「はたらきかけ」がちょうどよい。

考えてみれば、「ラウンジ」という概念は、そんな刺激をうまく表現している。上海のホテルのラウンジは広く、ウェスタンとオリエンタルの調和が独特のリズムを生み出している。眠りたければ部屋で寝ればいいけれども、こういうところにきてしまうのは、まだ何かを求めているからです。しかも今はワイヤレスLANが普及していて、パッとパソコンを開ければ思ったことが、すぐその場で発信できる。この快適性も、とても「ラウンジ」なのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。