So-net無料ブログ作成

Lostprophets - Liberation Transmission [Artist J-L]

ラディカルな表現体としてロック・バンドが復権しつつあります。ヒップホップやダンス・ミュージックのカッティング・エッジの切れ味がやや落ちてきて、自分達が一番かっこいいんだ、と誇れるスタイルが見えなくなってきた。マイク一発、あるいはターンテーブルとヘッドフォンに代わって、昔ながらのギターにドラムスにボーカルの編成が、「やっぱいいじゃん」となってきた。追いかけ切れないほどのニューバンドがいっせいに羽化したのは、そんなムードがかなり広い範囲で熟成されていたことをうかがわせます。

背景には感情の直接的な表現への欲求があると思います。突発的な怒りや、爆発するような喜び。複雑な回路を経ることなくダイレクトに伝えたい。聞き手はダイレクトに受け取りたい。ギターアンプを脳の神経回路にプラグインし、心臓の鼓動をそのままバスドラに叩きつける。興奮の上下をそのまま音階に転写したボーカルを一気に噴射させる。ロック・バンドは、ダイレクト通信にとても長けた方法なのです。

Lostprophetsの新作が、アメリカン・ガレージよりのパワーを身につけたからといって、そんなに大騒ぎすることはないと思います。今のバンドは、より効果的に、よりダイナミックに表現する手段を競い合っている。彼らの選択は、間違いなく今の通信波長にシンクロして、世界中を駆け巡る。クリックひとつでアーティストから聞き手の耳にメッセージが届く現代、彼らの考えるLiberation Transmission(解放通信)がここにある。

シングルカットのRooftopsのPVは、いらいらしてけんかばかりしている大人たちを尻目に、「心から叫べ」と叫ぶ。夜空を背景に屋上で演奏する「バンド」の、なんと絵になること。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

今日、CDショップで試聴してみました。音に厚みと広がりがあっていいですね。「Rooftops」は、初めてフルで聴きましたが、鳥ハダって感じなかっこよさがありますね。
by (2006-07-30 01:39) 

ezsin

鳥肌立ちます!気合入ります。今日も元気にがんばるか、って気になります。最近はちょっとやそっとでは、元気にならないので、バンドも大変だと思います。そんなバンドの一生懸命な姿も励みになるんですけどね。

ありそんさん、CDショップ散策で面白いの見つかりました?
by ezsin (2006-07-30 22:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0