So-net無料ブログ作成
検索選択

Loreena McKennitt - The Book Of Secrets [Artist M-O]

8月は旅行の季節。夏休みに皆さんはどこに行かれますか?
特に大きな予定のない筆者は、代わりにLoreena McKennittの音楽紀行シリーズを聞きながら、物思いにふけようと思います。アイリッシュ系カナダ人である彼女は、ケルト音楽に傾倒していながらも、世界中の様々の音楽を取り込みながら、形式にとらわれない自由な音作りをしています。

彼女は創作の前に、現地を訪れたり、文献を読んだり、徹底的に調べるのだそうです。音を聞いてわかりますが、伝統や定型にそって忠実に再現するために調べているのではありません。むしろ強引といっていいほど、自己流にアレンジし、オリジンを感じさせないようにしている。理解を深めることで、思い切ったことをする自信をつける。自由になるために知ろうとしているのです。

本作は、Marco Polo、Caucasusなどの曲名が誘うように、旅情に満ちている。中近東の影響が顕著ですが、ケルトのハートと溶け合って、特定の時と場所を超えたところで鳴っている。6~10分の長尺の曲が多いのですが、ゆったりした叙情的な調べは、景色の稜線を丁寧に描写しているようです。ヒットしたMummer's Danceには、旅に出たときの、何ともいえない心地よい浮遊感が溢れています。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

知らないと思っていましたが、「Mummer's Dance」を聞いて思い出しました。良く流れていましたね。好きな曲でした。幻想的なジャケットですね。旅行の季節~私はせいぜい帰省するだけです、、、。
by (2006-08-02 20:27) 

ezsin

地味な人なので気がつかないですよね。
彼女は恋人を事故で亡くすという、創作活動を打ち切るほどの痛々しい出来事に遭遇しています。
サイトを見ると、再び作品作りに取り掛かっているようですけれども、心から応援したくなります。
by ezsin (2006-08-02 22:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。