So-net無料ブログ作成

The Brand New Heavies - Brother Sister [Artist A-C]

ファンクの何たるかはカラダでわかっていながら、クールなエンタテインメントとして演出できること。それがBNH。アシッドジャズ寄りのポジショニングからもわかるように、あからさまにソウル・ファンクを標榜するわけではない。

ファンクは熱い。でも下手をするとベタに暑苦しい。ソウルは甘い。でも下手をすると下世話に甘っちょろい。もうちょっとスマートにやりたい。BNHの音が基本を踏襲しながら、どこか醒めたさらさら感を持っているのはそのため。

こういった客観的な視点から音楽を捉えることができるのが、イギリスのバンドの特徴。本場のメンフィスにいたら、フィラデルフィアにいたら、こうはいかない。彼らから見れば、ファンクもソウルもジャズも、果てはスカまでも、料理を待つ新鮮な食材に写る。さて、どんなコースのどんなディッシュに仕上げてみるか。シェフの腕の見せどころ。

Brother Sisterは完璧なアフロアメリカン・グルーブのフルコース。基調に流れるめちゃめちゃ気持ちいいファンキーなノリに乗せて、ジャズ・ソロの絡み、ソウルフルな歌心、茶目っ気のあるファンク・セッションが、周到な計算のもとに配置されている。夏場の料理なのに、だらだら汗をかかせない。うーむ、美味なり。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0