So-net無料ブログ作成
検索選択

The Lemonheads - The Lemonheads [Artist J-L]

Lemonheadsの10年ぶりの新作は、非常にオーソドックス。スピーディーなロック・サウンドに乗ったシンプルなメロディは、下手をするとどこにも引っかからずにスーッと通り抜けてしまいそう。とげがあるわけではないし、ひねりも効かせていない。10年の歳月でこうも毒がぬけるのかと思う。それでも間違いなく耳に残る。もしかしてこうしたストレートすぎる音が珍しくなったからかもしれませんが、筆者は微妙な音作りのセンスの違いと捉えたい。平易な音楽は本当に陳腐ですが、Lemonheadsはそうではない。よどみなく曲が展開し、楽器が共鳴し合い、心地よい高揚感を生み出している。どの曲も顔というべきテーマがはっきりしていて、あいまいな感じがまるでない。

オルタナティブ・ロックの進化。オルタナティブであることが前衛であった時代から、オルタナティブであることが普通の時代へ。異端を主張する時代から、納得させる時代へ。Lemonheadsの本作を聞いていると、とがっている方が簡単で楽なのだろうと思う。聞き手をしっかりと意識し、聞き手が充足する音を届ける。それは好き勝手に不満をぶちまけているよりははるかに努力を要する。だから、気まぐれな復活ではなく、「聞かせる」方向に矛先を向け、その上で自分達のあり方を提示する彼らの姿勢は評価したい。何も飾らずロックの基本骨格で勝負するスタンスには、潔い決意を感じる。こういう純粋な気持ちがいい音楽を作るうえでとても重要なのだと教えさせられる作品です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。