So-net無料ブログ作成
検索選択

The Staple Sisters - Be Altitude: Respect Yourself [Artist S-U]

曲の出来がめちゃくちゃ良くて、本来なら大騒ぎしたくなるところを、ぐっと抑えてクールに決めるところがStaple Sistersのかっこよさ。サウンドを含めた全体のプロデュースがそうなのですが、Staxレーベルの演出は本当に心憎い。音の装飾を派手にせず、むやみにシャウトもしない。コール・アンド・レスポンスのシンプルなゴスペル・コーラスを実直に歌いこなしていくことで、穏やかな幸福感を膨らませていく。カタルシスを70%ぐらいに抑えて、残りは「そこにある」と聞き手に思わせることで、潜在的な興奮を引き出す。体が揺れるのは、直接に音に反応するというより、自分自身が作り出した仮想のリズムに反応するから。自分で作るから否応なく自分にとって気持ちがいい。「抑制のノリ」と呼びたくなる実に巧妙な仕掛け。

多くのアーティストがカバーしたくなるのもわかる。抑制された30%をどうしても解放したくなる。ミュージシャンとしては、聞き手としては、それをやらざるを得なくなる。もちろんやってしまうと、それはもはや粋でない。パッと盛り上がるけれども一気に燃え尽きてしまう。一瞬の喧騒の先に広がる「終わった感覚」に遭遇して、ああやっぱりStaple Sistersは賢いと悟ることになるのです。

This WorldやRespect Yourselfは、なんだかんだ言ってやはりオリジナルに戻ってくる。ちょうどこれくらいのペースで、これくらいのノリで、これくらいのボリュームが最適なのだと、何年経っても納得する真のソウル・スタンダード。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。