So-net無料ブログ作成
検索選択

Tom Waits - Rain Dogs [Artist V-Z]

読んでいただいている方は薄々お気づきだと思いますが、筆者はとても頑固です。一度決めたら簡単には変えない。だいたいいまどき、デジカメの写真が一枚もない文章だけのブログなんてありえない。アフィリエイトもなければ、YouTubeのリンクもない。テーマだってバラエティを持たせて読み手を楽しませるべきなのに、ひたすら音楽のことしか書いてない。一日一枚と決めたら意地になって毎日続けている。すべては最初に決めたことなのですが、自分でも疲れるくらい融通が利かない。ちなみに一年は続けようと思ってはじめました。そこまであと4日。それから先は考えていない。

Tom Waitsの新作Orphansを一聴して、安心した。頑固さは微塵も変わっていない。Orphansを取り上げなくて、Rain Dogsにしても大きな支障がない。それがいいことなのか、悪いことなのか。頑固者にはそんな質問は無意味なのです。

酔いどれホームレス詩人。ここでも歌われているように「どこでもオレが頭を休めるところが、オレの家なのさ」。かつての恋人Rickie Lee Jonesは「自分の夢の中に生きている」といってあきれてしまった。酒に酔い、自分の世界に酔い、幻想に酔う。酔うこととは、すなわち外部を遮断すること。自己を完結させ、誇大すぎるほど肯定すること。Tom Waitsが頑固に肯定するのは「ずぶぬれ犬(Rain Dogs)=匂いを失った犬=頼るすべを失った人」という生き方・音楽。

「まっとう」では説明しきれない人間の持つもう一つの側面を、これほど見事に描いた作品を筆者は他に知らない。ぐしゃぐしゃにデフォルメされたかっこよさ・美しさ・喜び。音は不均衡で、不透明で、不遜。声は壊れて疲れている。おおよそ健全と名のつくものとの接点を失った、ずぶぬれの音。しかし当然のことながら、そこまで壊れなければ決して見えてこない、別種の美しさがある。美しさといっていいのかもわからない。力強さと言えばいいのか。頑固者でなければ表出できない肯定力が、だみ声の根底から身体を突き上げてくる。

他者に左右されず、ひたすらに自己の肯定力を突き詰めていく先に待っているのは、社会性の喪失です。誰にも頼らない=誰をも頼れない。「Rain Dog」という認識は決して否定的なものでも、自虐的なものでもない。自らが選んだ道を取る代償として、背負わなければならない運命なのです。頑固でいることは窮屈でいること。Tom Waitsは本能的にそのことを知っている。アルバムRain Dogsがひとつも惨めでネガティブに聞こえないのは、その覚悟があるからです。

頑固で窮屈なDisk-a-Dayがどこに向かうのかよくわかりません。頑固者の向かう先にはもうひとつの運命がある。マンネリ化です。肯定力がいつの間にか硬直化し、何の力も生まなくなる。そのときが潮時です。Orphansを聞いて安心したもうひとつの理由は、Tom Waitsのまだ硬直していない興奮をそこに感じたからです。筆者のブログにその興奮があるのか、考えてしまう今日この頃です。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 5

ルースターズ

僕のとっても好きなBARのマスターが、僕にくれたCDです。
僕は、その後レコードも買いました。

本当に大好きな1枚です。
by ルースターズ (2006-11-21 22:37) 

ezsin

好きなバーのマスターからRain Dogsをもらうなんて、まるでドラマの一シーンのようですね。渡すほうも受け取るほうも、いろんな思いがあったんだろうなあなんて想像できてしまうくらいです。
まさに一生もんの一枚ですね。
by ezsin (2006-11-22 20:48) 

KATSUYA

初めまして。<br>「tom waits blog」で検索して来ました。<br>良いですよね、あのしゃがれた声と曲。<br>自分はアルバムBone machineの「I Don’t Wanna Grow Up」が好きです。<br><br>自分、イラストレーターをしてまして、トムウェイツをイメージしたキャラクターを描いているので、良かったら閲覧&コメントください。<br><br>「JAGZZ」<br>http://www.blackluar.com/<br><br>「black-box blog」(今回、トム・ウェイツの事を書いてます)<br>http://black-box.seesaa.net/
by KATSUYA (2007-11-01 14:46) 

ezsin

KATSUYAさん、はじめまして。サイト拝見しました。すごくかっこいいですね!TWをガイコツにしてしまうセンスは最高です。まさにBone Machineですね!そのほかのキャラも素敵です。
by ezsin (2007-11-01 20:17) 

KATSUYA

ありがとうございます!!!
凄く励みになります。
自分もTWみたいに自分のスタイルを貫き通した
おじいさんを目指してます。
あ、もちろん良い意味で(笑)
by KATSUYA (2007-11-02 01:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。