So-net無料ブログ作成

Andy Abraham - Soul Man [Artist A-C]

X-Factorというイギリスのオーディション番組からデビューしたソウルシンガー。王道の選曲に、何の飾りもないまっとうな歌唱法。思わず表現の言葉を失ってしまうあまりにそのままのシンプル・ソウル。

こういうのが流行る背景に思いは向かう。擦り切れるほど使い込まれた超有名曲を歌う場合、どうしても構えてしまう。独自の解釈を加えないと歌う資格すらもないと思い込む。オリジナルのシンガーが偉大であればあるほど、自分の力量と比較してしまう。

Andy Abrahamはそういうことをほとんど意識していないようだ。安易といえばあまりに安易だし、無謀といえばあまりに無謀。それでもこの作品が存在する意義があるとすれば、その誰もが避けるタブーをやってしまう潔さにおいてである。こんなにシンプルなソウルアルバムは、皮肉にもどこを探しても、今は見つけることはできない。

価値を議論するのが難しい作品ですが、そんな重苦しさを脱ぎ去った後のさわやかさだけが、ここには息づいている。Just My ImaginationやTrack Of My Tearsなど、「権威」でがんじがらめになった曲が、ここでは軽々と鳴っている。これは「教科書」なんだと思う。後世のために、教育のために標準化してわかりやすく残しておく。たくさんのニューリスナーへの手引きとして活用すべき作品。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0