So-net無料ブログ作成
検索選択

Klaxons - Myths Of The Near Future [Artist J-L]

ちょっとユニークな角度からデビューしたKlaxons。今のシーンに欠けているのはダイナミックなリズムだと肌で感じているのだと思います。

ファンクに近い肉体的なうねりと、垢抜けようとするお祭り感覚。どこか90年代初期を思わせるのは、愚直にリズムに取り組みながら、洗練しきれないぎこちなさが残っているからです。

重量感があって決してぽんぽんと跳ねない。踊りたいけれどもうまく踊れない。弾けたいけれども、思い切れない。そのもどかしさがサウンドに深みを与え、グルーヴにリアリティを与えている。私たちの本当の身体能力に近い感じなのです。

今は90年代ではありません。当時のバンドが必死になって本当のリズムをつかもうとしていたのと比較して、Klaxonsはひとつの表現としてもどかしさを用いている。そこに深刻な苦悩はない。余裕を持って彼らのサウンドを聞くことができる私たちもまた、ひとまわり成長しているのです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。