So-net無料ブログ作成

Kaiser Chiefs - Yours Truly, Angry Mob [Artist J-L]

正しい英国ロックアルバム。高らかなギターリフのファンファーレで幕を開けるRubyは、予定通りの大ヒット。しかしこれに驕れることなく、次々と畳み掛けるようにブリット・ポップの必殺技を仕掛けてくる。

飽きさせてはいけないことを彼らはわかっている。普通のメロディに、ありきたりのサウンドではわたしたちは満足しない。現代の聞き手は飽きっぽいし、辛抱強くない。他のバンドも、別の曲も、「Just a click away(クリックひとつ先)」なのだから。

曲の配置も、アレンジの懲り方も、ポップ度合いも、全てがちょうどよい。2007年のメジャー・シーンにぴったりと照準が合っている。ここに今のサウンドの中心がある。つかんだあなたを離さない。そのままずるずると中心に向かって引きずりこまれるでしょう。

「怒れる群集」は怒っていない。少なくとも彼らの怒り方はスマートで、ウィットに富み、ドロドロしない。どこまでも駆けていくリズムは、ネガティブなところが全然ない。

ぐっと押し殺しているのか、本当にあっけらかんとしているのかはわかりません。これだけ激しいシーンの中にいて、少し控えめに様子見をしていたとしても不思議ではありません。

ただ怒っているからといって、アンプを叩き割って、髪の毛を鋭利な凶器に仕立てる時代ではありません。そんなことで問題がどうにかなるものではないことを、多くのひとたちは既に知ってしまっている。もちろん彼らも例外ではない。

Kaiser Chiefsは、難しい時代だからこそ、ポジティブな意思表示をさらりとやってのける。深入りしない。かといって無視もしない。自分たちのできることとして精一杯の明るいパワーで今日を鼓舞してくれる。

そう、怒りには二通りの対応が必要。ひとつは怒りの原因の問題を解決すること。これは今日の場合はきわめて難しい。もうひとつは振り切れてしまったストレスメーターを正常値に戻すこと。Kaiser Chiefsを聞けば、こちらはいとも簡単に解決します。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0