So-net無料ブログ作成

Forward Russia - Give Me A Wall [Artist D-F]

ときどき頭がくらくらっとくることがあります。いわゆるめまい。頭が左右に振れてしばらく目を閉じて収まるを待たなければいけない。制御が利かない瞬間はかなり怖いものがありますが、最近は、自分の身体をすべて意思でコントロールできる方が不思議だと思うようになりました。

世の中はおろか、身体でさえも完全にはコントロールできない。意思や理性の限界。そこに歪が生まれ緊張が生まれる。もちろんいいものではありません。でもだからこそ思い上がりが是正され、わたしたちが所詮何者でしかないかを理解する。克服しようとする努力が生まれ、努力の結果としての成長を感じる。めまいに襲われるたびにその一歩の大切さを感じます。

Forward Russiaの本作には、そんな歪が溢れている。あらぬ方向に音程がひしゃげていくムンク的な叫び。突然カオスに豹変する高速パンク・リズム。パルスにように繰り返される秩序と無秩序のパターン。緊張感がキンキンに張りつめている。必死に演奏しようとする理性と、なすすべもなく崩壊していく無意識の力の拮抗状態。それでもズンズンと突き進んでいく勢いは、坂を転がり落ちる壊れた三輪車のよう。ブレーキはない。でも車輪は猛然と回る。このままいくとどこかの壁にぶち当たってしまう。いや、その前に踏ん張る足のブレーキが効いて止まってくれるに違いない。

めまいが止まらなければどうなるのだろうと思います。いつかそういうときがくるかもしれない。一歩が大切なのも、失われるものが巨大だからです。Forward Russiaの痙攣の中には、そんな美しさと恐ろしさとが同居しているのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0