So-net無料ブログ作成

Electric Light Orchestra - Out Of The Blue [Artist D-F]

Jeff Lynnは夢想家です。とんでもない夢を見てそれを実行しようとした人です。
1970年代に、失われてしまったBeatlesを再生しようとした。それもそのままのBeatlesではなく、オーケストレーションをもって宇宙規模にスケールアップした存在としてBeatlesを蘇生させようとした。

普遍性のあるポップメロディ。誰をも感動させる壮大なアレンジ。冗談抜きで、宇宙ステーションで50年先まで聞きつづけられることのできるポップミュージックを作ろうとしていた。それがBeatlesが道半ばで挫折した、果たすべき使命だったと確信していたのだと筆者には思えてなりません。少なくともOut Of The Blueを聞いていると、そんなJeffの想いを感じてしまいます。

これを誇大妄想と片付けるべきなのでしょうか?

キラキラ光る大きな宇宙船のジャケットを見て、その大仰さを笑うのは簡単です。BostonやEarth Wind & Fireにも共通する、この時代のひとつのトレンドなのだと割り切ることもできなくはありません。ある意味でそれは正しく、また必要な見方でもあります。

ただ忘れてはいけないのは、これは「所詮」ポップ・ミュージックだということです。政治でも、経営でも、教育でもない。独裁者の誇大妄想が文明に致命傷を負わせるようなケースとは根本的に異なります。

むしろ逆に、ポップ・カルチャーにとって誇大妄想は、表現のキャンバスを拡大し、創造力を刺激するポジティブな効果があります。大笑いされることも含めて、わたしたちの世界を豊かにしてくれるのです。

テクニックだとか、アーティスティックだとかの評価軸もしっくり来ない。そんな批評は的を得ていないと思います。はっきりしていることは、ELOのいない/いなかった世界なんてちょっとつまらない、ということ。

それは確かに大きな笑い声だったのかもしれません。70年代に度肝を抜く大きさで発せられた笑い声。大きなドリームと、大きなジョーク。Jeff本人も、それを聞いたみんなも笑った。

いうまでもなく、笑い声のない世界はさびしい世界です。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

deacon_blue

☆ ジェフ・リンは音楽のおもちゃ箱を幾つも作ることができた人です。最も成功した「おもちゃ箱」について,いずれレビューを書きます(というか過去に一度書いたので,それを書き直す形になります)。
by deacon_blue (2007-03-27 23:59) 

ezsin

「おもちゃ箱」とはうまい表現ですね!
by ezsin (2007-03-29 00:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0