So-net無料ブログ作成
検索選択

The Aliens - Astronomy For Dogs [Artist A-C]

本当に素晴らしいポップ・ソングは輝きます。
音の中から光が差しているようにまぶしさを感じるものです。
そんなことはめったにないですし、表現しようとしてもなかなかできるのものではありません。The Aliensのデビューアルバムのパッケージを開けると、パーッとそんな光が差してきます。

サイケデリックで、BBB(Beatles/Beach Boys)的で、その道の基本線はしっかり押さえているからともいえますが、どこか冗談っぽくあっけらかんとした軽さは、しっかりと今を捉えています。木から落ちて鎖骨を折ったために、せっかくのデビューツアーをキャンセルするあたり、John Squire(Stone Roses)、Keith Richardsを髣髴とさせて、どこか「運命のバンド」っぽいにおいも感じさせてくれます。

Roxのエレクトロ・ファンク、She Don't Love Me No Moreのストリングス・バラード、10分超のドサイケなCaravanなど、さりげなく無茶をするあたりもなかなかにくい。一目ぼれではないですが、音楽ファンの心をつかむすべを心得ています。

We Are The Aliens(ぼくたちは異星人)と連呼するあたり、とぼけながらも周りとは一線を画すという決意と自信を感じさせます。

犬が望遠鏡を通して夜空を見上げています。

何が見えているんだろう。

チカチカ光る星のひとつに、手を振るThe Aliensの姿が映っているに違いない。
だんだんそれは大きくなり、ずどんとわたしたちの日常に落ちてくる。
退屈でありふれたわたしたちの世界に、ピカピカの宇宙船に乗って、非日常の輝きを届けにやってくる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。