So-net無料ブログ作成

Kings Of Leon - Because Of The Times [Artist J-L]

いつまでも元気なNeil Youngを見ていると、この人に引退はないだろうなと思います。
一方で、彼が意地になってがんばっていないと、何かが失われてしまう。そのために踏ん張っているとも思えてくる。ちゃんとした後継者がいないのです。

これは、60年代からアメリカを体現してきた男たちみんなに言えることかもしれない。もちろんそんな「アメリカ」とは何かといわれてもきちんと答えることはできません。グローバルエコノミーの覇権とともに、ベトナムから911へと続く敗北を背負い続ける傷つく巨人。巨大で勇壮な自然に吹かれるままの大らかな音楽をバックボーンに、そんなメガイメージを背負ってきた老いた偶像を、もはや引き継ぐことなどできないのでしょうか。

Kings Of Leonを聞いていると一縷の希望が沸いてきます。

この人たちかもしれない。

テネシーから発信される、巨体そのもののアメリカン・ロック。サザンもカントリーもフォークも、ファットで分厚い音の中にたっぷりと詰め込まれている。この音はHarley Davidsonのエンジン音であり、Hot Rodのタイヤが煙を上げる音でもある。

ただ重いだけではない。ガレージからグランジまで、現代までの進化をもしっかりわきまえている。Caleb Followillの、窒息しかかったニワトリのような叫びは、どんなスクリーモバンドよりも切迫感がある。アメリカン・ロックの図体をもって、体当たりで今のシーンに存在を問うている。明日に突き抜けるアメリカの音を求めている。

Neil YoungやBob Dylanそのものである必要はまるでありません。
思えば彼らは何もないところに次々と道を引いて行った人たちです。
みんなの懐の中心、居心地のいいスタイルから、馬鹿だアホだと罵声を浴びながらも飛び出していった人たちです。

Followill兄弟従弟たちにもそんな期待を持ちたい。
もっと冒険をして、みんなからけちょんけちょんに言われるようになってもらいたい。

そしてNeilとBobから一番辛らつな言葉の洗礼を受けたときに、次のステージへとわたし達を導いてくれるのです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0