So-net無料ブログ作成

Modest Mouse - We Were Dead Even Before The Ship Sank [Artist M-O]

招き入れるようなリズムに乗ってずんずんと進んでいく。
どこに連れて行かれるのかはわからないけれども、飽きさせない多彩な楽曲群につられて、付き合ってしまう。Modest Mouseのサウンドは、エキセントリックな一面を持っていながら、親近感が沸く。

ストーリー性を感じる劇場効果と、オフオフブロードウェイ的な小劇団の近さ。ここで展開される出来事は、わたしたちの日常とは決して無縁ではない。個々のサウンドが決して大げさにならず、コンパクトに仕上げられている。一つ一つの音が、小さなサプライズとして耳を楽しませてくれる。

しかし確実に何かがおき、何かが変わっていく。
本作が小さくこじんまりとしてしまわないのは、変化していこうとする力を感じるからです。めまぐるしく変わる曲調は、今鳴らした音は忘れてしまい、次の音を鳴らさなければ、という留まらない意思の現れです。ロックを機軸としながら、類型的なパターンにはまらないように、どんどんずれていく。このずれていく感じが、新鮮さを生んでいるのです。

「船が沈む前に既に死んでしまっている謙虚なネズミ」
急ぎすぎだよ、ネズミ君。
海に飛び込む前に変化を先取りしてしまう。
変化していく中に感じる楽しさと喜び。
その結果として待つ、劇場的な結末。
すべてがちょっと切ない紙芝居を見ているようです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0