So-net無料ブログ作成

Bebel Gilberto - Momento [Artist G-I]

名前負けしない、ジャンル負けしない、がんばっている一枚。
もう本人も言われるのはいやになっているでしょうが、「Gilberto」と名乗らなければいけないことによって背負うもの。それはいいこともあるでしょうが、ボサノバ創始者のお父さんJoao Gilbertoの影は払拭しようにもしようがない。あっさりと「Bebel」とでも名乗ればいいのに、そのままでいく。

サンバ、ボサノバのイメージもまたしつこいほど付きまとう影のはず。Bjork寄りの実験をしようものなら、ブラジル中から何を言われるかわからない。

それなりにキャリアを積んでいることもありますが、そんな心配をよそに、本当に涼しげにサウンドを届けてきました。実験もあり。エレクトロニック処理もあり。ソウル、ポップスまで含めても気にしない。そんな枠を壊すために私はいるのよと言わんばかり。

それでも涼しいのだからすばらしい。
逆説的ですが、イメージどおりで、Gilbertoの名に恥じない。つまりはしっかりと正しく進化しているのです。

新しいクールサウンドとして、伝統と挑戦をほどよくミックスし、それでも極上の聞きやすさを維持したまま届ける。ためしにこの後Getz Gilbertoを聞いてみましたが、それはもう隔世の感。デジタルでパーソナライズの2007年に、わたしたちが求めるクッション感覚をわきまえている。

様々な音に意識が向いているから、開放感があり、包容力がある。ピンポイントになりがちなブラジリアン・ベースだからこその配慮。わかっているなあと感心します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0