So-net無料ブログ作成

Erasure - Light At The End Of The World [Artist D-F]

80'sまんまです。
80年代ってどういう時期だったか知らないリスナーも多いので、そういったリスナーをターゲットにしているのかもしれなません。とにかく、Erasureは確信犯的に当時の音そのままでいく。

シンセが「シンセ」と自己主張しまくる人工的な音。明快で抜けのよいメロディライン。小気味よいテンポ。ポップ・ミュージックが、ポップ・ミュージックのことだけを考えていればよかった幸せな時代の大らかな雰囲気。

ノスタルジックに感じるところもあれば、この無心の幸福感は今の時代にかえって新鮮に映ったりする。80'sシンセ・ポップは、当時とは異なった視点から再評価されているのかもしれません。

とにかく聞いていると不思議な気分。こんな能天気でいいのだろうか、という醒めた視点。難しいことを考えすぎる悪い癖から解放される絶好の機会ではないか、という前向きな視点。

楽しみとともに大きななぞを投げかける。飄々としていそうで、実はしたたかなErasureの戦略性に思わずニンマリ、そんな一枚。

もしかしてこれも考えすぎなのかな・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0