So-net無料ブログ作成
検索選択

Various Artists - Buzzin' Fly Volume 4 Mixed By Ben Watt [Artist Other]

Ben Wattは死に掛けるほどの大病を患ったことがあります。そのときの体験を本にしてもいるのですが、それ以来、生まれ変わったように音楽の方向性を変えています。Tracey ThornとのデュオであるEverything But The Girlの持っていたアコースティック路線を、デジタルでクラブ寄りに大きく転換させました。

どれほどの関連性を持っているのかはわかりませんが、いまやDJ、リミクサーとして名を馳せる彼の活躍ぶりを見ていると、身近に迫る死のインパクトは、彼を大きく揺さぶったに違いありません。

一方で根本に潜むものは変わっていません。ジャズやフォークなどトラッドなものに根ざすピュアな歌心。表現の仕方こそアナログからデジタルに変わっているものの、聞き手をつかむポイントはずっと一貫している。だから昔からのファンも安心してついていけるのです。

自身のレーベルからの4作目となるリミックス・コンピレーション。彼の変わったところと、変わらないところの両面を見ることができます。

ディープ・ハウスの控えめでミニマリスティックなビートは、圧倒的にクール。激しく踊りながらも汗の一滴もかかないような、そんなエイリアンな雰囲気は、常人の肉体感覚や生体感覚を超えている。彼がかたくなにパルス状に繰り返されるデジタルな信号にこだわるのは、そこに原始的な生体反応との関連性を見ているからではないか。心拍音が続くか止まるか、いのちの瀬戸際の体験が彼をそこに向かわせると見るのは考えすぎでしょうか。

しかし全体がかもし出す情感はひとつも冷たくない。シンプルだけれども選び抜かれた音の集合体を通してわたしたちが感じるのは、生きて動くことの有機的な喜びであって、生き死にの緊張感ではありません。押し付けがましいわけではない。ちょうど土の中から顔を出した新芽ぐらいの感じ。

ギリギリのところまでそぎ落とされた生命のビート。そこを基点に新たに構築されていく生きていく音楽。それは、わたしたちにとって不可欠なものではないでしょうか。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

樫の木

お邪魔いたします。
偶然、こちらのサイトに迷い込んだのですが、とてもいいブログですね。
時間を忘れて過去ログを読むのに没頭してしまいました。
>Porcupine Tree
気になり、napsterで拝聴。気に入りました!あすCD探しに行きます。
また参考にさせていただきます。では。。。
by 樫の木 (2007-05-24 00:21) 

ezsin

樫の木さん、コメントありがとうございます。Porcupine Tree気に入っていただいてうれしいです。いつも参考になるかどうかわかりませんが、がんばります。またぜひお越しください。
しかし「迷い込んだ」という表現がすごく楽しいです。森の中にひっそりと人知れず存在している、みたいな。まさにそんな感じを目指したいです。
by ezsin (2007-05-24 19:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。