So-net無料ブログ作成
検索選択

The Dream Academy - The Dream Academy [Artist D-F]

Life In A Northern Townはいつまでも心に残る美しいポップ・チューンです。
クラシックの品のよさを持ったアコースティックでさわやかなアレンジに、少しエスニックがかった広がりのあるコーラス。センチメンタルなメロディは、湿っぽくならずにプラスのベクトルを持っている。年に何回かは、この曲を無性に聞きたくなる。どれだけ年月がたっても。

ポップの名曲とはそういうものです。
しかしポップの名バンドというと、そうはいかない。
Dream Academyはよく「一発屋」としてこの曲とともに取り上げられます。曲の輝きとは対照的に、かわいそうなバンドとして。

全体はNorthern Townに通じるトーンで統一されていて、質は決して低くない。むしろ味わい深い曲は他にあったりする。ただ皮肉にも、だからこそ憂き目にあったといえます。

Northern Townの美しさははかなさにあります。
それははかないバンドでなければ出せないサウンドです。
宿命として美しい曲を世に届け、そのまま消えていった。まさにカゲロウのようなバンド。Dream Academyというバンド名も、運命的なものだったのです。

しかしバンドのライフや、持続的な成功はそんなに重要なのでしょうか。
筆者はそうは思いません。
長ければよい、ヒットが多ければよい、は確かに経済的な面からは大切ですが、音楽そのものの価値とは切り離して考えるべきでしょう。

はかなさの漂う音楽は計りきれないほど価値があります。
理由は簡単です。私たち自身がはかない存在だからです。
わたしたちの存在に重い軽いもないように、Dream Academyの価値に誰も口を挟むことはできないのです。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

deacon_blue

☆ そう思います。それもポピュラー音楽の宿命であるから。。。だからあたしは「ワン・ヒット・ワンダー」などと訳知り顔で言う人が嫌いです。たとえそうだったとしても,放っておけばいいのに。好きでもないのなら。。。と思います。
by deacon_blue (2007-05-24 21:54) 

T.Fujimoto

はじめまして、T.Fujimotoと申します。
高校時代に聞いたこの曲、このアルバムは大好きです。
いまでもその感覚が変わらないので、曲の輝きは持続しています。
少なくとも僕にとって。
by T.Fujimoto (2007-05-24 22:53) 

ezsin

deacon_blueさん、確かにワンヒットワンダーを盾に好き嫌いを論じるのはずるいですよね。極論すればすぺてのポップサウンドは1曲1曲が勝負なのですから、軽く口にできないはずです。
by ezsin (2007-05-25 23:21) 

ezsin

T.Fujimotoさん、はじめまして。そう感じてらっしゃるのはT.Fujimotoさんだけではありませんよ。考えてみれば20年近く、ずっと輝き続けていますよね。そういう意味ではカゲロウではなくて、星なのかもしれません。パッと輝いたときはみんなに意識される。そのあとはそんなに騒がれることはないけれども、空を見上げればいつでも同じ輝きを放っている。
by ezsin (2007-05-25 23:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。