So-net無料ブログ作成
検索選択

The National - Boxer [Artist M-O]

低くドスの効いた声、素朴なロック・サウンドにストリングスの奇妙な組み合わせ。一見、想像が出来ないようで、The Nationalの中ではしっかりと統合されている。どこか斜め上を見ているようなそっけなさと、すぐ隣でギターを弾いていくれている親密感。人付き合いはどんなときでも難しいものだよね。Boxerで奏でられるサウンドはそんな思いに裏打ちされている。

そもそもロックバンドをやろうと思うような人に、社会性が身についているはずがありません。それが出来ていればオフィスで働いている。馴染めず、しゃべれず、わかってもらえない。唯一向かえる先が音楽。昔も今もそれは変わりません。

何よりもすばらしいのは、そんな社会の偏狭にいる人たちが作る音楽が、私たちにとってなくてはならないものになっていることです。まっとうと思っていて、毎日オフィスに通っていて、馴染めて、しゃべれて、みんなにわかってもらえていると思っている。そんな私たちが実は一番疲弊し、いびつにゆがんでいる。

誰にもわかってもらえなかったアイツの作る音楽。そんなロックサウンドが社会を救ってくれている。こんなにかっこいいことはありません。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 4

deacon_blue

☆ これは鋭い所をついた批評です。疲れた頭ですが,激しく同意(^o^)。
by deacon_blue (2007-05-27 01:55) 

ezsin

ありがとうございます。deacon_blueさん、夜はゆっくり休んでくださいね。
by ezsin (2007-05-27 21:05) 

wish059

先日、「樫の木」でコメントしたものです。本日からブログをはじめました。
よろしく、というのも変ですがよろしくです。

全文同意です。異端だからこそ傑出した個性が出来るものですね。
by wish059 (2007-05-27 21:16) 

ezsin

wish059さん、こちらこそよろしく。異端を創造につなげることの出来る人がアーティストなのでしょうね。
by ezsin (2007-05-27 22:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。