So-net無料ブログ作成
検索選択

Mystery Jets - Zootime [Artist M-O]

たとえばイタリアン・レストランに入ってコースを頼みました。
最初に前菜としてカルパッチョが出てくるまでは普通。その後、唐突にそば職人が出てきてテーブルの脇でそばを打ち始める。サラダに生春巻きが出てきて、小皿にナンが付いてくる。メインディッシュは、紙の帽子をかぶったお姉さんが持ってきたダブルのハンバーガー。目の前のカーテンが開いて、舞妓さんが踊り始める。

Zootimeのアルバムの流れはさながらこんな感じ。
ファストビートの切れ味鋭いポップ・ロックで始まったかと思いきや、電子楽器と生楽器が入り乱れ、どすの利いた掛け声がかかり、ガチャガチャと棚中のものが落ちてきたような喧騒の渦の中に突入していく。かと思いきや舞台がガラガラと回転し、雲の上で天使が読書する傍らで妖精たちがじゃれあっているかのようなふわふわの音に転じたりする。

支離滅裂なわけではありません。一つ一つ部屋を移っていきながら、テーマは一貫している。そこらじゅうの音を鳴らそう、常に動いていよう。音の多様性を尊重し、変化していくことをよしとする。スタイルの一貫性にとらわれることなく、かといって全体としての安定を損ねることなく、面白いバランスを維持できているバンドです。

多様な生命圏を駆け抜けていく不思議。
Zootimeを駆け抜けていくMystery Jets。
なんだそのまんまじゃないですか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。