So-net無料ブログ作成
検索選択

Interpol - Our Love To Admire [Artist G-I]

陰影表現の豊かなロックサウンドです。
「陰り」の描写を得意とするといえばいいのでしょうか。
スピーディーなリズムよりも、ミドルからスローな展開に、腰をすえた曲作りを感じます。スローモーションで鉄のパイプがコンクリートの壁にめり込んでいくのを眺めているような。クールで緻密な描写力で、衝撃の瞬間を圧倒的なリアリティで描いているような。

ギターの陰、ベースの陰、ボーカルの影。実態として聞こえてくる音の裏側に浮かび上がるもうひとつの姿。そこまで意識していた音作り。直接音として耳に届く音と、間接音として脳の裏側に届く陰としての音。

微妙な陰影と真に迫るリアリティ。
これがInterpolの音楽の持つ質感。

終曲Lighthouseで照らそうとする未来。
光と影がチカチカとフラッシングする中で、はっきりとは見えてきません。
次第に薄れていく明かりの中に、不安定な存在感だけを残して彼らは消えていく。
実に鮮やかな演出です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。