So-net無料ブログ作成
検索選択

Marcus Miller - Free [Artist M-O]

ショーマンシップに溢れた威勢のいいアルバムです。
Marcusのベースは沈みがちな気分を底から突き上げて盛り立ててくれる。もっともかなり気合が入っていますが。

エスニック、ファンク、ソウル、甘いバラードと豊富なバリエーションを通して、楽器の個性をくっきりと魅せていく。どの音も艶やかで、鮮やかな光沢を放っている。まるで捕れたばかりのカツオの銀色の輝きを愛でているよう。

ぴんぴん跳ねているのは音の鮮度がいいからだけではありません。
高いレベルで娯楽性と、各奏者の表現欲を両立させようとがんばっているからです。
自らが楽しみながらも、聞き手にはそれ以上の満足感を与えたい。
受け手は何も考えずに身を任せることができる。
これってプレミアムなサービスの必須条件ですよね。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 2

マイルスのサポートをしてる時から憧れのベーシストでした。相変わらずビビッドな音を聴けるのは嬉しいです。
by (2007-07-21 08:58) 

ezsin

フレキシブルでどんな相手にも合わせつつ、常に脳にビシッと響くサウンドを発しますよね。スタイリッシュなところも申し分ないし。
by ezsin (2007-07-21 22:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。