So-net無料ブログ作成
検索選択

Bill Frisell - Good Dog Happy Man [Artist D-F]

ブルースやフォークなどの定形フォーマットを指向しながら、中身はまったく違う。洗練されたモダンなテイストにあふれたサウンドを聞かせる稀有なギタリスト。

トラッドとは一線を画しながら、エキセントリックで実験っぽくならず、親しみやすく、アットホームな雰囲気を維持する。結局はこれがトラッドなんだなあと改めて目が開かれる思い。静寂の中の透徹したリリシズムを感じながら、思わず聞き入ってしまう。

土ぼこりをあげながら、それぞれの土地を旅して回る。
ブルースが舞い、ジャズが闊歩するしっかりと生活に根ざした音楽社会。
深く、重く響いてくるそれらのサウンドを、Billは鮮やかなスケッチで描きとる。手のひらに入るスケッチブックに、鉛筆一本で写し取る。

彼のギターはあくまでスタイルから自由。
彼の指は意思の赴くままにフレット上をスケートしていく。
彼が奏でているのは、ジャンルとしての音楽ではない。
「印象」としてすくい取られたアウトライン。
その筆致に軽やかで粋な味わいが宿っているのです。

細い線だけのスケッチが実物以上に叙情を発することがあります。
Bill Frisellの音楽を聴いていると、似たような感覚に見舞われます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。