So-net無料ブログ作成
検索選択

Tegan And Sara - The Con [Artist S-U]

想像するしかありませんが、一卵性双生児は不思議な感覚だろうなあと思います。本人たちにっては、それが当たり前なので「不思議」とは思わないでしょうが。姿かたちも同じ、もう一人の自分がいる。たぶん、考えかただとか、しゃべりかただとか、りんごの剥きかただとか、お風呂で最初にどこから洗うかだとか、いろんなことがそっくり同じ。憎もうにも愛そうにも、自分とどうやって区別して接すればいいのだろう。相手が怪我したところと同じところが痛むとか、相手が亡くなるとつられるように亡くなってしまうとか、科学的にあまり根拠がないようなことも、ありえるのかもと思えてくる。

Tegan And Saraは双子のミュージック・デュオです。シンプルなロックと、切ないポップソングを聞かせてくれる。でもとても繊細。ヒリヒリとする「痛み」を感じます。彼女たちしか出せない歪のようなもの。

近すぎるがゆえの否定しようのない愛情。自己愛と他者愛の区別のないところで、対象の本質に迫ろうとする終わりのない愛の探求のサイクル。

近すぎるがゆえの逃げ出したい嫌悪感。愛の裏返しとしての憎しみ。傷つけあい、ぶつかり合い。

近づいては傷つき、離れては求め合う。同質がゆえに宿命的に負ってしまった感情を、彼女たちはありのままに、生々しくさらけだす。たぶん、そんな意識すらないでしょう。どうやってもそうなってしまうところに、彼女たちの音楽のリアリティがあります。

これは双子ではないひとたちにとって、好奇の目を持って眺める光景ではありません。不思議に映るかもしれない世界が、わたしたち誰もが抱える内面と外面の葛藤を凝縮し、本当の姿を映し出しているのかもしれない。厳しく痛々しいけれども、その中に潜む愛の深さや美しさを含めて。

きっと彼女たちがたどり着くであろう幸福点の感覚を、自分は永遠に感じることはないだろう。The Conを聞きながら、冷たい鏡に映る自分の姿をじっと眺める・・


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 1

NO NAME

突然のメッセージで失礼します。 Tegan and Sara好きな人にメッセージしています。 Tegan and Saraの来日公演を実現させるために、 WEB署名プロジェクトを作りました みなさまの署名を集めて、T&Sのマネージメントへ 送りたいと思っています。 この署名プロジェクトに、どうか ご協力お願い致します ! 名前とメールアドレスだけで簡単にできるので、 下記のアドレスにアクセスして、署名をお願いします。
http://www.shomei.tv/project-1344.html
そしてそして、できれば! 他のTegan and Sara好きな友達とか、音楽好きな友達に 署名に参加してもらったり、ブログや日記で 呼びかけてもらったりしていただけると 大変うれしいです !
みなさんの力で、Tegan and Saraを日本へ呼びましょう ! ご協力宜しくお願い致します。
by NO NAME (2009-11-07 20:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。