So-net無料ブログ作成
検索選択

Chrisette Michele - I Am [Artist M-O]

BillieやSarahといった往年の大ジャズ・シンガーの「くせ」を、ほのかににじませながら、ミディアムテンポのラップをも難なくこなす。今を歌いながら、過去を感じさせる。実に味を持ったシンガーのデビューです。

落ち着きと気品を持ったジャズに重心を置きながら、お高く留まらない。あくまで音のフローはなだらかで、ソウルの躍動感に満ち溢れている。ウサギのようにぴょんぴょんはねながら、ジャンプがしっかりバレイ仕込になっている、といったような。

さすがはDef Jamというべきか。
気鋭の現代アフロアメリカンミュージック・レーベルも、見方によっては今や老舗。過去の重みを受け止めながら、次世代に繋げる道を、稀有のシンガーにゆだねている。

そんなレーベルの想いも、こんな聞き手の戯言も、気にしないかのように、彼女は可能性の羽を広げて、のびのびと歌っている。気負いのない自然な響きにびっくりする。

過去も未来も彼女には関係ない。
ジャズ・バラードとヒップホップが同じ視界に映る彼女に、表現の限界はない。
そんな歌い手の自由を、どこまでも守ってあげたい。
今は絶滅の危機にある品種なのかもしれないので。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。