So-net無料ブログ作成
検索選択

Hard-Fi - Once Upon A Time In The West [Artist G-I]

短いエッジの効いたストロークと、歯切れの良いリズム。
ストリングスやブラスを効果的に使ったスケールの大きなメロディ展開と、ポジティブな押しを持ったボーカル。やや引きずり気味のヘビーなタッチを持ったソロが、陰影をつける。ポップな親しみやすさの側面と、玄人受けするこだわりの側面とがいい感じで同居している、ロンドン出身のバンド

揺らがない安定したエンタテインメントしてのロック。
過度にエキセントリックにならず、聞き手のいちばん中心に向けて音を届けようとしている。わたしたちが「よい」と感じるとともに、ここが今の音楽の中心かも、と感じられる音。先に行き過ぎず、かといって遅れているわけでもない。いわば台風の目。

意外に穏やかで、どっしりしているのもそのためかも。
台風の目の中では風がやむように、Hard-Fiの音の周りは騒がしくない。
他のバンドの干渉を受けないし、聞き手も惑わされない。

カバーアートはない
と断言する潔さにも、暴風に飛ばされず、ここが中心なのだという気概を感じます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。