So-net無料ブログ作成

Bent - Intercept! [Artist A-C]

Bent
曲がる。
折れる。
ねじれる。

今日も胃が痛くて、身体がよじれる。
商談で手も足も出なくて、へこむ。

曲がるのは、最初がまっすぐだから。
ねじれるのはフレキシブルだから。
何も悪いだけではない。
いいことの裏返しとして、
いいことといつもセットで、
Bentはやってくる。

Interceptの「ねじれた世界」には両方が存在する。
解釈が難しい変な音と、わかりやすい明るい音。
ひとことでは表せない。
ひっくりめて実験的(エクスペリメンタル)/知的(インテレクチュアル)ラウンジ・ポップとでも言えばいいのか(ひとことじゃないじゃん!)。

もちろん、ひっくるめる必要なんて、ぜんぜんない。そんなことをこの人たちは望んではいない。でもそれじゃ文章にならないんだよなあ~、という物書き泣かせ。ああ、神経が曲がっていく・・

時代もスタイルも微妙に「標準」からずらすことで、輪郭をぼやかす。ポップなんだけど、ピントがちゃんと合ってなくて、はっきりしない。

しかしそのちょっとずれたところが気持ちよかったりする。
妙にまっすぐだと、逆に落ち着かない。

僕たちは曲がっていることの方が多いんです、きっと。
曲がっているほうがいいんです。

冒頭Exercise 7のナレーション。
「あと3日しか生きられないとしたら、何をする?」

そう、「あと30年生きていられたら何をする?」のようなまっすぐな質問には、わたしたちは答えられない。曲がって今にも折れそうな質問には、人生かけて答えようとするのです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0