So-net無料ブログ作成

Taiga Remains - The Sad Marvels [Artist S-U]

最近、アンビエントを聞く機会がめっきり増えました。
ロック・バンドばかり聞いている反動なのかもしれません。

筆者の視聴頻度は:
だいたいロック、ときどきソウル、たまにジャズ、思いついたらクラシック

別に音楽の重みや、興味の順位を表しているわけではありません。ここのところ、たまたまそうなっているだけで、ジャンルに優劣があるなどとはもちろん思っていない。興味はどんな分野にも、ほとんど差がなくあります。

アンビエントは安直にいうと、「その他」に入るか、全部にまたがるかするものです。極限まで簡素化された形態は、すべての音楽の根源か、あるいは何でもない無の箱のどちらかです。

修行する人が瞑想するとき、すべてを悟るのか、すべてを忘れるのか、に似ているのかもしれません。

と、こんなことを書いていること自体、かなり煩悩に支配されていますね・・

Taiga Remainsの本作は2部構成、4分ぐらいのPart1と27分もあるPart2からなっています。

・・・・

ただ、ゴーあるいはボーという音が流れていく。
それだけです。

ここで感じるのは、覚醒することと安静することの両立です。

禅僧は悟るのでも、無になるのでもない。
きっと両方が合一したところに行ってしまうのです。

どんなことでも考えられるほど冴えているけれども、何も考えない。

そんな矛盾した状態ってあり?

30分のThe Sad Marvelsの中にたたずんでいるとありえる気がしてくる。

いやいや「気がしている」うちはまだまだ修行が足りないのでしょうが・・

・・・・・・


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

アンビエントはよくわかってませんが、iTunes Storeのラジオチャンネルでたまに流したりします。思考に耽る時にはよいかもしれませんね。
by (2007-10-11 01:36) 

ezsin

思考が深まりますよね。
特にクリエイティブな作業ははかどる気がします。
結構、利用してますね・・
by ezsin (2007-10-11 21:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0