So-net無料ブログ作成
検索選択

Working Week - Working Nights [Artist V-Z]

仕事の段取りは決していいほうではありません。
昨日も仕事仲間に「半年たってまだできてないの?」とものすごく痛い釘を刺されて、窒息しそうになりました。あちゃあ、一番気にしていることを・・

思い直して、できることはその瞬間にやるようにしてみました。会議中に、誰々さんがいないと決められないとなると、その場で携帯で電話して意見を聞く。ToDoListをつけるより、日程表にやる日を入れていく。しかも空いている時間から埋めていく。

思いつくままに動くわけですから、相手をする側は大変です。「なんだよやぶから棒に」とぶつぶつ言いながらも、こちらがイスにも座らずに答えを待っていると、やってくれます。そうです、相手にもその場で動いてもらうようにしないと、実は仕事って進んでいかないんですよね。

今はWorking Week真っ只中。アルバム・タイトルはだめを押すように、「夜も仕事」ときている。80年代の粋なバンドは何を意図してこんなネーミングにしたんでしょう。

ジャジーなポップスの走りとも言うべきバンドですが、もともとジャズには働き者のイメージがある。必死にフレージングを追求しながら繰り広げられる他のプレーヤーとのやりとりは、さながら証券取引所か、築地の競りに居合わせているかのようです。

あるいは巡礼者のようにストイックな行に励んでいるような。

Working Weekは、まあまあそんなに力を入れずに、というスタンスです。
昼も夜も続く仕事の張り詰めた風船にプスッと針で穴を開け、抜けていく空気を利用してサックスを鳴らすような。滝に打たれながら、肩のコリをほぐそうとするような。

ジャズの緊張を解きながらも、クールなたたずまいは失わない。ポップはポップだけれども、音を見つめる視線はあくまで冷たい。熱し過ぎないように、迎合しすぎないように。ソウル調は、汗っぽさを取り除き、ラテン調は、パッションのレベルを3段階ぐらい下げる。

くつろいでいるようで、結構プロの「仕事」をしている。
うーん、こんな仕事の要領を得たいものです。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

ヤゲロー

ワーキングウィーク!懐かしいですね!
一時期CD探してたんですけど、見つけられませんでした。
好きだった曲名も思い出せません。。
ちょっとユーチューブでPV探してみます。
by ヤゲロー (2007-11-01 19:28) 

ezsin

思わずアナログ盤で聞いてしまいましたよ!オリジナルはもちろんですが、MarvinのInner City Bluesがよいなあ~
by ezsin (2007-11-01 20:20) 

deacon_blue

☆ こんにちは。「労働週間」は,おそらく社会主義ソ連あたりが発祥です。バンド名はそれを皮肉っているのですが,この音探しております。この辺の今でいうクラブやスムーズの元祖を聴きたいこの頃です。ではでは(^o^)/~~~。
by deacon_blue (2007-11-02 12:09) 

ezsin

ダウンロードはあるようですが、CDもLPも入手困難なのですね。
音源がそれほど貴重だとは思いませんでした・・
参考までに:http://www.ongen.net/search_detail_album/album_id/al0000016101/
by ezsin (2007-11-03 02:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。