So-net無料ブログ作成
検索選択

Grizzly Bear - Yellow House [Artist G-I]

カントリーとフォークのやわらかいいでたちをしていながら、かなりしたたかにロック。一癖も二癖もあるこだわりの音。でも愛らしく微笑ましい。
きれいにハーモニーを奏でるコーラスや、王道に進むメロディ展開は、伝統的なフォーマットに則っていて、素直に耳に入ってくるのですが、入った後でとげとげしい細工にやられる。決して気持ち悪いやられかたではなくて、「わかっている」ツボとツボの間に潜んでいた快感スポットを探り当ててくれるような、「やられた!」感覚。

今日はずっと友人と遅くまでお酒を飲みながら話していました。
道路をよぎった目の前を新幹線や山手線が取っていくのを眺めることのできるカウンターバーに座りながら、
お互いのもやもやをすっきりさせ、
お互い「聞きたい」と思っていることを言ってあげ、
お互い予想していないところの気付きを与えてあげ、
それぞれに下がっていたエネルギーレベルを上げようと努めた。

Grizzly Bearは、さりげなくそんなわたしたちの背中を押してくれる。
やわらかいサウンドは聞きたい言葉で、
予期せぬアレンジは知らない可能性。
そんな些細なことを繰り返す毎日ですが、少しずつでも進んでいることを実感させてくれるのです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

ヤゲロー

Grizzly Bear。音聴くのは初めてでした。
今マイスペースで試聴してるんですが、ちょっと本気でやられてます。
いちいち質の高いことをやってながら、そうは感じさせない「はずし」と
「遊び心」が酔った頭にグッときます。いいですね。

ここのとこ時間が合わず、友人との飲みがキャンセル続き。
唯一の友人なんですが、子供ができてからはなかなか厳しい。
なので、その寂しさを仕事の憂さ晴らしをプラスしてブログにぶつけてます。笑
by ヤゲロー (2007-11-23 18:02) 

ezsin

やられますね!最近はPanda Bear、Grizzly Bear、Minus The Bearと「クマ」軍団にやられっぱなしです。

お友達となかなか会えない憂さが、すてきなヤゲローさんのブログになっているのでしたら、わたしたち読み手にとってはシアワセなのかも・・
いえいえ、キャンセルの後にはきっとすばらしい一席が待っていることでしょう。

お互い年末は飲みすぎに注意しましょうね!
by ezsin (2007-11-23 23:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。